登山

万全の準備と正しい知識を身につけて登山を楽しもう!

 

当サイトをご覧いただきまして誠にありがとうございます。

 

登山の一歩では登山に関する様々な情報を掲載しています。

 

基礎知識を始め、日本一の山である富士山の登山体験談、また人気の高尾山に
登った際の体験談やそれぞれのルートの選び方なども掲載しております。

 

登山というのはとても楽しいものですが一歩間違えると死んでしまうこともある
危険な面ももっていることを忘れてはいけません。
ベテランでも迷ったりすることがあります。

 

自然の中では本当に何が起こるかわかりません。
そのため、万全の準備をして行きましょう。

 

軽い気持ちでたいした準備もせず登ると遭難などの要因になります。
甘い考えで登山をするのは絶対にやめてください。

 

また、登山人口が増えるにつれてマナーの悪い方もいるのが現状です。
自然を守るため、トラブルを避けるためにもマナーよく楽しみましょう。

 

 

マナーを守ろう!

 

山では山の常識があります。しっかりマナーを守って気持ちのよい登山をしましょう。

 

メジャーな山ほどよく見られますが、ゴミを捨てるのはやめましょう。

 

重い荷物を背負っての登山で出たゴミはその場で処分したい気持ちはわかりますが、
自分で持ち込んだゴミは必ず持ち帰りましょう。

 

山により休憩所やベンチはありますがゴミ箱はありません。ビニール袋を持参しましょう。
ゴミは景観が悪くなる他、野生動物がゴミ袋などを食べ消化器官につまり死なせてしまうな
ど影響が多く出ます。心がけましょう。

 

登山では一本道なので、登りと降りで登山者がすれ違うようになります。
すれ違いでのマナーを気おつけましょう。危険な場所だとか、相手の反応により変わりますが
基本的には登り優先です。また「こんにちは」の挨拶もしましょう。

 

また山小屋を利用する時もゴミは持ち帰り、挨拶もしっかりしましょう。
山小屋は無人・有人、無料・有料、様々なスタイルがあります。基本的には暗く、汚く、寒く、
不便といった場所です。お風呂やシャワーははほとんどありません。

 

個室も珍しく大抵相部屋男女共用、夏休みなどのシーズン中は寝返りができないほど狭いところで
雑魚寝などもあります。

 

登山者が多い山ではとても快適な設備が用意されていたりしますが有人の場合は事前に予約をして、
食事が出るか、弁当は?などどのような設備、対応ができるのか確認しましょう。